化学洗浄処理のすすめ

酸洗いとはどんな洗浄方法なのか

酸洗いとは金属の製品を酸性の溶液につけて金属の表面に付いている汚れを洗浄する事です。金属製品の表面には酸化被膜が生成されますが、酸洗いを使用せずに洗浄しようとしても上手く落とせません。しかし酸洗いを使う事で酸化被膜も綺麗に落とす事ができます。酸洗いに使用される酸は硫酸や塩酸が多いです。
金属製にメッキ加工をする場合は錆や酸化被膜のによってメッキが密着不良が発生するので、必ず酸洗いをします。チタンを取り扱う場合も酸化被膜を取り除かないと光沢が出ないので、酸洗いをします。金属の表面を加工する時に酸洗いは必要不可欠な作業にです。
酸洗いには硫酸や塩酸を使用するので、安全の為にしっかりした設備と方法で行う必要があります。

酸洗いの目的とメリット

酸洗いをする目的はメッキの接着不良を防いだり、金属の光沢を出す為だけではありません。金属の表面を綺麗にする事で研磨作業をする必要がなくなるので、金属加工の効率化を図る目的もあります。 酸洗い以外で金属の表面に付着した錆や酸化被膜を除去する事も可能ですが、酸洗いは他の方法よりもコストをかけずに洗浄ができます。酸洗い自体は表面の汚れを薬品を使って落としていくので、金属自体に物理的な応力がかかる事もありません。その為洗浄をした事で金属製品が変形したり、変色するなどの問題は発生しません。 設備が整っていなかったり、間違った方法で酸洗いを行うと危険が発生しますが、正しい方法で行えば基本的に作業者に危険のない作業です。

リン酸処理とは、金属の表面にリン酸亜鉛皮膜を生成する処理のことです。塗装が剥がれないよう下地を作るのと、塗装に傷がついても錆や腐食が広がらないようにする目的で行われます。

© Copyright Chemical Cleaning. All Rights Reserved.