最近話題の酸洗いに注目

酸洗いの特徴について

酸洗いとは酸性の液体にある金属を溶かすという性質を使って、加工品をミクロンオーダーで仕上げることです。ミクロンの調整しかできないことは注意しなければなりません。バリをとったり角を丸めたり表面粗さをよくしたりと様々な対応ができます。それに加えて防錆効果や光沢をもたらし見栄えをよくします。精密部品に適用され、異物が脱落して動作に影響がないようすることなどを目的にします。液体につけるだけですのでランニングコストや設備などの初期投資がかかりませんし、大量生産に最適です。また、大型のものを簡単に処理できたり、超小型部品や長いものや複雑形状など人や機械ができないところを液体が流れ込み処理できることが魅力的です。

活用の注意点について

酸洗いは便利ですが注意しなければならない点があります。まずは品質管理で、ミクロンの変形しか対応ができないので前工程の品質を決める必要があります。バリの大きさや表面の粗さなどです。これにより、溶かすのに必要な時間を決めていきます。さらに、金属に応じた最適な酸性の液体の選定も重要です。試行錯誤を繰り返して最適な条件を設定していきます。
次に取り扱いです。酸性は人の肌を溶かしたりしますので人的な害をもたらせます。臭気による体調不良も起こします。換気設備や保護具の着用を徹底することが必要です。また、液体の処分は河川や土壌に行かないように自治体で決められた適切な方法を手順書にまとめて管理することが重要です。

酸洗は、金属加工をする際にする処理です。金属の熱処理や溶接等で生じた焼けなどを酸を利用して洗浄します。

© Copyright Chemical Cleaning. All Rights Reserved.