金属加工においての酸洗い

メッキや塗料を付着させるために行われる

金属加工の際に行われる酸洗いは金属加工のために重要な工程となっています。 まず作業時に付いた手袋の油や汚れの除去が目的として、品質向上のために実施されるのです。ステンレスやチタンなど非鉄金属製品は酸洗いが最終工程となっているケースも多く、外観の品質が求められる際に酸洗処理をしています。 次に塗装やメッキの下地処理としても酸洗いは行われているのが特徴です。加工処理をする前に密着がよくなるように脱脂もかねて処理をします。ざらついた仕上がりになり油分が表面から除去されるため、塗料やメッキが密着しやすくなるのがメリットです。切削やショット加工をする際に表面に対して下地処理として行うのも有効なのが、酸洗いです。

ステンレスのサビを防ぐための酸洗い

ステンレス製品をサビに強くしたいならば、酸洗いが効果的です。表面にとても薄い膜ができているためサビにくいステンレスは、切断や溶接で膜が破壊されてしまうことがあります。このままでは耐久性に問題が発生してサビも発生しやすくなるため、酸洗いをすることで被膜が再形成されステンレス本来の特徴を取り戻すことが可能です。 酸洗いならば他の方法よりも安価で行うことができステンレス自体が空気と反応するため、歪が起こることなく製品に問題が発生しないのですよ。薄皮が剥げるようにサビや溶接焼けを落とせます。仕上がりが曇る感じになるため光沢が必要な場合は適していないですが、条件が合うならば酸洗い処理を検討してみましょう。

金属表面処理とは金属の耐食や耐熱を強化するために行う加工のことです。主にメッキ作業はこれに当たります。

© Copyright Chemical Cleaning. All Rights Reserved.