酸洗いはどのようにおこなわれるのか?

酸洗いはどんな時におこなうか

酸を使って金属などを洗浄する酸洗いにはいくつかの方法があるので知っておきましょう。塩酸や硫酸でスケールやサビなどを取り除く作業であり、正しく処理しなければ研磨やメッキの付着が上手くいかないんですよ。このような酸洗いの手段として熱処理をしてから金属を酸液に漬け込み、表面に出てきた酸化皮膜を除去する方法があります。
また、常温加工をした際に金属の表面が変質してしまうことがありますが、この層を取り除く場合も酸洗いが行われることが多いです。この他にも多くの方法で酸を使った処理が行われています。
表面を処理することによってサビが付きにくくなり、耐久性もアップするのが特徴です。見た目も変化させることができますよ。

酸洗いをする際の注意点

酸洗いをした直後は表面が腐食しやすくなっているため、鉄鋼素材といったサビが発生しやすい素材は早め対策処理を行うのが大事です。防サビ処理を行うことで空気と金属の間に膜をはって不純物を遮断できます。
また、塩酸や硫酸といった危険な薬品を使うため安全対策をしっかり行い、作業の際に事故が発生するのを防ぐ必要もあります。さらに処理時には排水が発生しますが、きちんと処理できる環境を整えておくことも重要です。
コストを抑えられる方法で効果も高いですが、このようなポイントに注意して作業員に怪我がないように注意しましょう。業者に依頼する場合は、排水処理がしっかり整っていてスタッフの知識が豊富であるところを利用するのがベストです。

© Copyright Chemical Cleaning. All Rights Reserved.